2016年、MVNOからセット販売されていて、安く買えるおすすめのSIMフリー端末まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
a09

現在でも建前上はなくなった一括0円、今後は「一括0円」はもとより、「実質0円」のような端末価格の大幅値引きが無くなる可能性が高いです。
各キャリアの値引きがなくなれば、現在の用に端末を2年契約する事で格安で購入できる事ができなくなり、今年2016年は昨年以上に
「SIMフリースマホ+格安SIM」の組み合わせを選択するユーザーが更に拡がってくるのではないかと思います。

そこで今回は日本のMVNOのセット販売にて格安で買えるSIMフリースマホを特集します。

 

現在販売されている日本のMVNOからセット購入できるおすすめSIMフリースマホ

エントリーモデルからミドルレンジ、ハイエンドモデルまでおすすめのSIMフリースマホを価格帯順に並べました。
また、スマホは特にメーカーや機種でイケてる、イケてないが判断される事が多い商品なので持っていても恥ずかしくない
端末のみをご紹介しています。

ASUS Zenfone Go(1万円台)

ASUS Zenfone Go / 1万円台で買えるエントリーモデル

zenfoneGo

ZenFone Goは大人気ASUS ZenFoneシリーズの中でも2万円を切る低価格のスマートフォンです。
使いやすいZen UIに直感的に操作できるZenMotion、賢いATOK日本語入力システムなどお馴染みの機能が凝縮されています!!

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ディスプレイサイズは5.5インチ、あのZenFone 2やZenFone Selfieと同じサイズです。ただし解像度はHDとやや低め。しかしこちらの重量は160gと約10g軽量化されています。

使いやすさを追求されたデザインは他のZenFoneと同様、背面が丸みを帯びており手のひらに心地よくフィットします。また背面中央に音量調節ボタンが配置されており、右手と左手どちらでも操作しやすい左右対称の作りになっています。

ホーム画面の文字やアイコンを大きく表示する「簡単モード」、アプリや使用時間に制限を設けられる「キッズモード」、それに画面表示を縮小して片手で操作しやすくする「片手モード」など、どなたでも簡単に使えるZen UIを搭載しています。

使いやすくてスマホデビューにもうってつけの格安スマホです。

性能スペック

CPUはQualcomm® Snapdragon™ 400を搭載。ZenFone 2 Laserなどミドルレンジの機種と比べるとやや性能は下がりますが、1.4GHzのクアッドコアを搭載しているので基本的な操作はサクサクこなせるで しょう。WEBサイトを閲覧したり、動画を視聴するくらいなら十分な性能です。

メモリも2GB搭載しているので問題なし。ストレージ容量は16GBとやや少なめなので、アプリを大量に入れたり、写真をたくさん撮るのであれば別途microSDカードを購入して拡張しましょう。最大64GBまでのmicroSDXC規格に対応しています。

バッテリー容量は3,010mAhの大容量。全体的に性能が低めに作られているZenFone Goですが、その代わりにZenFone 2/Selfieよりも電池は長持ちです。性能が控えめだからこその利点です。

カメラ性能

メインカメラは800万画素と標準的ですが、お馴染みの高速レーザーオートフォーカスを搭載していない点には注意してください。自然な肌色に自動調整するデュアルカラーLEDフラッシュは搭載しています。インカメラは500万画素で十分でしょう。

暗いところでも明るく綺麗な写真を撮れるローライトモードや、逆光などでも綺麗に撮れるHDRモードなど多彩な撮影モードが用意されており、2万円を切る格安スマホとしては高性能なカメラが搭載されています。

  • スペック(性能):★★★
  • 価格:約19,800円
  • 独自の機能の利便性:★★★
  • ユーザビリティ:★★★★
  • メーカーの信頼性:★★★★
  • おすすめ度:★★★★

 

Zenfone Go取扱MVNO おすすめランキング

1.楽天モバイル

2.iijmio

3.DMMモバイル

4.U-MOBILE

5.NifMo

 

 

ASUS Zenfone2 Laser(2万円台)

ASUS Zenfone2 Laser / コスパ重視派におすすめ

img_80917_1

ZenFone 2 Laserは、SIMフリースマートフォンのエントリーモデルとして定評のあるZenFone 5をベースに、カメラやバッテリーを強化し、コンパクトなサイズにしたスマホです。
Zen Fone Go、ZenFone 5では物足りないという方にお勧めです。

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ディスプレイサイズは5インチで大きすぎず、小さすぎずといったところ。
本体サイズは片手での操作も比較的容易といえるコンパクトサイズで、かつ本体背面は緩やかにカーブしたデザインになっています。

さらに背面の質感はつや消しで指紋などの汚れが付着しにくく、また滑りにくいマットな質感。
また音量キーも手に持った際にちょうど人差し指があたる位置に配置されており、総合的に見ても片手で使うことがかなり意識された設計になっています。

性能スペック

基礎性能を見てみると、CPUは1.2GHzのクアッドコア(4コア)、メモリ容量は2GB、ストレージ容量は8GBまたは16GB(※8GBモデルは楽天モバイル限定。またmicroSDカードにより最大128GBの拡張が可能)となっています。

上位機種のZenFone 2と比較してしまうとどうしても物足りなくは見えるものの、通話、メール、インターネットやSNS、カメラといった使い方がメインであれば十分といえる内容です。バッテリーサイズは2,400mAhで、こちらも使い方にはよるものの、1日は持つ大きさといえます。

カメラ性能

このZenFone 2 Laserの最大の特徴といえるのはメインカメラに搭載されたレーザーオートフォーカス。被写体にピントを合わせる際のスピードは格安スマホの中でも随一で、また接写などにも強くなっています。
この機能は上位機種のZenFone 2にも非搭載となっており、まさにZenFone 2 Laserならではといえます。

メインカメラの画素数は1,300万画素、サブカメラも500万画素(かつ85°の広角レンズ)で、他の格安スマホと比べても見劣りはしません。

  • スペック(性能):★★★
  • 価格:約27,800円
  • 独自の機能の利便性:★★★
  • ユーザビリティ:★★★★
  • メーカーの信頼性:★★★★
  • おすすめ度:★★★★

 

Zenfone 2 Laser取扱MVNO おすすめランキング

1.楽天モバイル

2.OCNモバイル

3.iijmio

4.BIGLOBE

5.DMMモバイル

6.U-MOBILE

 

 

FUJITSU ARROWS M02(2万円台)

FUJITSU ARROWS M02 / 価格と性能、機能ともに優等生な格安スマホ

m02-top_sp

遂にdocomo回線とau回線、どちらでも利用可能なSIMフリースマートフォンが登場!
しかもVoLTE対応!防水防塵に加えおサイフケータイにも対応しているのに本体価格は3万円前後と非常にコストパフォーマンスが優れています!!
富士通のarrows M02は初のdocomo・au両方のVoLTE対応スマホです。クアッドコアCPUに2GB RAMも備えておりスペックも十分。
その機能の豊富さから今後大人気の機種となるでしょう。

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ディスプレイサイズは最近主流の5インチですが、このサイズで149gはやや重いです。ただ横幅に関しては狭額縁のため短めでコンパクトです。やや角ばっ たデザインですがエッジは丸みを帯びており、手にフィットするため片手でも快適に操作できます。傷に強いゴリラガラス3を採用するなど、耐落下や耐衝撃性 能に優れています。

タフネスさを備えつつも、光沢のあるホワイトやブラックのカラーは非常に綺麗で誰もが使いやすいデザインです。

性能スペック

CPUにはSnapDragon 410 1.2GHz駆動のクアッドコアを採用。メモリは2GB RAM搭載。ミドルクラスとして十分なスペックを持っています。ROM 16GBの本体ストレージが不安な場合はmicroSDHCカードで最大32GB増設可能です。

ディスプレイは有機ELのHDディスプレイを使用しており非常に鮮やかです。2330mAhバッテリーと独自の省電力技術により、安心の電池3日持ちを謳っています。

両キャリアのVoLTEに対応している珍しい格安スマホですが、実用に耐えるだけの十分な性能を備えています。

カメラ性能

メインカメラは約810万画素と十分です。しかしインカメラは約240万画素と少なく、やや不満があるかもしれません。

 

  • スペック(性能):★★★
  • 価格:約29,800円
  • 独自の機能の利便性:★★★★★
  • ユーザビリティ:★★★★★
  • メーカーの信頼性:★★★★★
  • おすすめ度:★★★★

 

arrows M02取扱MVNO おすすめランキング

1.楽天モバイル

2.UQ mobile

3.iijmio

4.BIGLOBE

5.mineo

6.DMMモバイル

 

 

HUAWEI P8lite(2万円台)

HUAWEI P8lite/ 価格以上のスペックや機能を備えているのが最大の特徴。

st_huawei-02

オクタコアCPUのハイスペック格安スマートフォン。本体幅と画面幅も小さく片手で使えるコンパクトなボディに高性能カメラを搭載。
画面の大きさと持ちや すさを両立し、シンプルなデザインは飽きが来ず快適な使用感です。
複数のMVNOが取り扱う人気の端末で、2万円台と端末価格もお手頃。RAMも2GBあ り一般的な用途では十分!Android5.0もお見逃せません。
メーカーのHuawei(ファーウェイ)はモバイルWi-Fiルーターの販売台数が世界 第1位、またスマートフォンの出荷台数も世界第3位という世界でも幅広く認知された企業となります。

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ディスプレイサイズは5インチで現在のスマホ市場においてはちょうど中間に位置します。

しかしディスプレイ左右のフレームを狭くした狭額縁仕様、また7.7mmと非常に薄く仕上げられた本体の厚みもあり、ディスプレイサイズ以上にコンパクト で片手でも持ちやすい点が大きな魅力です。本体は金属とプラスチックを組みあせた設計になっており、プラスチック製の本体背面にもヘアライン加工を施すこ とで、価格も含めてみてみると高級感が感じられます。
またその一方で重量がかなり軽く作られているてんも魅力といえるでしょう。

性能スペック

基礎性能を見てみると、まずなんといっても光るのがCPU。CPUにはHuaweiのグループ企業であるHisilicon(ハイシリコン)製で 1.2GHzのオクタコア(8コア)を搭載。動かすコアの数を細かく制御することで、負荷の大きな処理の時にはハイパワーで、負荷の小さな処理の時には省 バッテリーを意識して、といった動作をしてくれます。

メモリ容量は2GB、ストレージ容量は16GB(※microSDカードで最大32GBの拡張が可能)とやや少なく感じるかもしれませんが、よほどヘビーに使わなければ十分なスペックといえます。バッテリー容量は2,200mAhとやや小さめです。

カメラ性能

カメラはメインカメラが1,300万画素と平均以上の性能で、サブカメラも500万画素かつ89°の広角レンズを搭載。
メインカメラについては端末側面の 音量キーを素早く2買い押すだけで即カメラのシャッターがきれるウルトラスナップショットも搭載することで、突然のシャッターチャンスも逃さず撮影するこ とができます。

  • スペック(性能):★★★★
  • 価格:約28,600円
  • 独自の機能の利便性:★★★
  • ユーザビリティ:★★★★
  • メーカーの信頼性:★★★★
  • おすすめ度:★★★★

 

HUAWEI P8lite取扱MVNO おすすめランキング

1.楽天モバイル

2.iijmio

3.DMMモバイル

 

 

SHARP AQUOS SH-M02(3万円台)

SHARP AQUOS SH-M02 / おサイフケータイや防水に対応した国産の格安スマホ

o06000487goo_sharp_aquos_sh-m02_151020224712

新しいAQUOSはおサイフケータイに対応しました!旧型に比べてスペックは控えめですが、そのぶん価格も下がっています。Android 5.0を搭載しており、防水や赤外線通信にも対応するなど多機能です!
またSHARPのAQUOSと言えばIGZO液晶の省エネディスプレイ。電池長持ちの格安スマホを求める方にオススメです!!

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ディスプレイサイズは5インチですが三辺狭額縁によりスマホ本体自体は非常にコンパクトです。見た目が小さいぶん、重量145gは余計に重く感じてしまうかもしれません。

手に持っている間は画面が消灯しなかったり、逆にポケットに入れるだけで画面が消えるなど、ちょっと便利になる機能が搭載されています。5インチは大きくて使いづらいという人にも快適に操作できるように設計されています。

性能スペック

Snapdragon 400 1.2GHzのクアッドコアCPUに2GB RAMを搭載したミドルクラス。本体ストレージは16GBとやや少ない印象ですが、そこはSDカードで補いましょう。docomoのLTE 4バンドに対応しており、VoLTEの高品質な通話も可能です。

5インチディスプレイならHDでも十分な解像度。旧型に比べるとやや性能が低くなったように見えますが、Android 5.0を搭載したことで動作が非常に軽く、快適に使用することができます。

カメラ性能

メインカメラの画素数は1,310万画素もあり十分です。インカメラは210万画素とやや少ないですが標準的でしょう。

Night Catch オートやリアルタイムHDRなど、うす暗いところでも写真が明るく綺麗に撮れる機能が搭載されています。マニュアル撮影に対応するほか、多様な撮影モードが用意されています。

  • スペック(性能):★★★
  • 価格:約38,800円
  • 独自の機能の利便性:★★★★★
  • ユーザビリティ:★★★★★
  • メーカーの信頼性:★★★★★
  • おすすめ度:★★★★★

AQUOS SH-M02取扱MVNO おすすめランキング

1.楽天モバイル

2.OCNモバイル

 

 

Zenfone 2(3万円台)

Zenfone 2 / 世界最大4GBメモリを積むASUSの怪物スマホ

img_80917_1

5.5インチ大画面ディスプレイ搭載で読書もラクラク!クアッドコアCPUでアプリもサクサク動作!シックなデザインでおしゃれに使いこなせるスマホで す!
大人気Zenfone5の後継機で価格に対するスペックのおトク感も見逃せません!人気の日本語変換ソフトATOKも同梱されていておトク感もありま す。
ASUS ZenFone 2は現在日本国内で販売されているSIMフリースマホの中でも高性能、かつその割に価格が安いことから、“格安スマホ市場を代表するスマホ”といえる機種です。
そのため他のSIMフリースマホと比べても、人気と知名度は高いといえます。

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ディスプレイサイズは5.5インチと大きく、重さもややずっしりとした感じがあります。そのため完全に片手で使用することにはやや難しさも感じられるもの の、緩やかにカーブした本体背面のデザイン、片手で持った際にちょうど人差し指で押しやすい位置に配置された音量キー、ディスプレイをダブルタップするだ けでスリープ状態をON/OFFできる設計、など多くの工夫が見られます。

また本体に使われている材質はプラスチックが多いものの、背面に施されたヘアライン加工は金属のような指ざわりが感じられ、安っぽさはとても感じにくいデザインです。

性能スペック

基礎性能を見てみると、CPUは1.8GHzまたは2.3GHzのクアッドコア(4コア)、メモリ容量は2GBまたは4GB、そしてストレージ容量は 16GB、32GB、64GB、128GBが用意されています(※16GBモデルは楽天モバイル限定、128GBモデルはASUS公式オンラインストア限 定。またいずれのモデルもmicroSDカードにより最大64GBの拡張が可能)。

中でも上位モデルが搭載する4GBのメモリは現在NTTドコモやソフトバンク、auといった各キャリアから発売されている機種と比較しても容量が大きく、 多くのアプリを平行して使用した際に固まってしまうという心配もほぼありません。また2.3GHzでクアッドコアのCPUであれば、動きの激しいゲームを 思う存分楽しみたい、といった人でも十分満足できる性能といえます。

バッテリーサイズも3,000mAhと大きいため、すぐに電池が切れてしまうといった心配もそこまで感じることはないはずです。

カメラ性能

カメラはメインカメラが1,300万画素と他社製のスマホと比較しても平均以上の性能となっている他、サブカメラにも500万画素(かつ85°の広角レンズ)のものを搭載しており、自撮りも十分楽しむことが可能です

  • スペック(性能):★★★★
  • 価格:約38,800円
  • 独自の機能の利便性:★★★
  • ユーザビリティ:★★★★
  • メーカーの信頼性:★★★★
  • おすすめ度:★★★★

 

Zenfone 2取扱MVNO おすすめランキング

1.楽天モバイル

2.OCNモバイル

3.NifMo

 

 

Xperia J1 Compact(5万円台)

Xperia J1 Compact / 信頼のソニーの格安スマホ、Xperia J1 Compact

j1_009

小さなボディに2070万画素の高画質カメラ搭載!クアッドコアCPUと2GB RAMでスペックも安心、はじめてな方にもお勧めのコンパクトなスマートフォン。

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ドコモから発売されたXperia A2をベースとした機種で、4.3インチのかなり小型のディスプレイを搭載しています。SONY製品ではお馴染みのトリルミナスディスプレイが採用されており色彩鮮やかな液晶画面です。

最新モデルと比較するとベゼル幅がやや広く、本体サイズは最近の4.6インチ端末相当となっています。なので画面サイズのわりには少し大きく感じるかもし れませんが、iPhone 6sが4.7インチなのでそれよりも小さいXperia J1 Compactは女性でも片手で扱いやすいでしょう。

背面はフラットでスタイリッシュなデザイン。右側面には最新モデルでは廃止されてしまったXperiaシリーズお馴染みの丸型電源ボタン、それに音量ボタ ンやシャッターボタンが配置されています。シャッターボタンを2回連続で押すことでいつでも瞬時にカメラを起動できるのでシャッターチャンスを逃しませ ん。

性能スペック

最近のスマートフォンは大型が主流であることに加え、小型のスマートフォンは廉価で性能が低い傾向があります。しかしこのXperia J1 Compactは小型でありながらハイエンド並みのスペックを備えており、高性能機と言っても過言ではありません。

CPUにはQualcommのSnapdragon 800が採用されていますが、この800番台のSnapdragonはかなり高性能な機種向けのCPUなのです。格安スマホで売れ筋の3~4万円クラスの 機種では同じSnapdragonシリーズでも400番台や、せいぜい600番台が搭載されているのが普通です。少なくとも4インチ前後の小型端末で Snapdragon 800のような高性能CPUを搭載している格安スマホは現時点で他にはありません。

また防水やおサイフケータイといった、いわゆるガラケー機能にも対応しています。Xperia J1 Compactは小型&高性能でガラケー機能に対応しているという面で非常に希少な機種です。

カメラ性能

Xperiaと言えばカメラです。iPhoneを含む世界中のスマートフォンのほとんどが、SONY製のカメラセンサーを採用していることをご存知でしょ うか。もちろんセンサーだけでカメラの性能が決まるわけではありませんが、Xperiaはコンデジ顔負けの高性能なカメラを搭載しています。

このXperia J1 Compactも例外ではなく、1/2.3型の約2,070万画素のイメージセンサー Exmor RS for mobileを採用しています。多彩なカメラアプリに対応しており、マニュアル撮影や単焦点カメラで撮影するような背景をぼかした写真を撮ることもできま す。

  • スペック(性能):★★★★★
  • 価格:54,800円
  • 独自の機能の利便性:★★★★★
  • ユーザビリティ:★★★★★
  • メーカーの信頼性:★★★★★
  • おすすめ度:★★★★★

 

Xperia J1 Compact取扱MVNO おすすめランキング

1.楽天モバイル

 

iphone6/6 Plus 及びiphone6s/6s Plus(5万円台~10万円台)

iphone6/6 Plus 及びiphone6s/6s Plus / 格安SIMで運用できるAppleの人気スマートフォン「iPhone」のSIMフリー機種

a09

アップルは国内では押しも押されぬ圧倒的なブランド力です。キャリアのスマホ販売ランキングを見ていても、常に上位を独占するのはiPhoneです。

iPhone6S、6S Plusはappleのハイエンド機種で、高級感、スペック、信頼性やユーザビリティーも最高ランクで、国内では持っていて恥ずかしくないスマホNo.1でしょう。

できることはAndroidのスマホと大差無く、Android機の2倍以上の値段を払わなければ買えない「プレミアムスマホ」ですが、appleファンなら迷わず買うべきでしょう。

androidスマホと違って、iphoneにはSDメモリーカードを挿してストレージを拡張できません。

なので、iphoneのストレージ容量は、最初から64GBモデルか128GBモデルを選んだほうが間違いありません。

iphone6/6 Plus 及びiphone6s/6s Plus取扱MVNO おすすめランキング

1.もしもシークス

 

 

その他SIMフリースマホ

上記に紹介したおすすめ機種の他にも以前、「Xperia M5 E5663 Dual Sim」購入時の記事でも紹介した
香港とシンガポールに販売拠点があると言う、「Etoren.com」と言うサイトでは
iphoneのSIMフリー機種を始め、GalaxyシリーズやXperiaシリーズ、nexusシリーズなどメジャーなSIMフリーのスマートフォン、
タブレット、 携帯ガジェットが日本語でのサイト表記、日本人スタッフによる電話、オンラインチャット、メールにて購入する事が可能です。

A8ImageAction.do

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*